メディア・レポート掲載実績

2022-02-09

みずほリサーチ&テクノロジーズ「年率+5.0%と高成長を予測(10~12月期1次QE)」にて「JCB消費NOW」を活用いただきました


2022年1月31日、みずほリサーチ&テクノロジーズ株式会社「年率+5.0%と高成長を予測(10~12月期1次QE)」のレポートにて「JCB消費NOW」を活用頂きました。弊社の指数を元にした、みずほリサーチ&テクノロジーズ株式会社による季節調整値にて、対人サービス消費の推移の確認に活用いただきました。

 調査部 経済調査チーム 上席主任エコノミスト 酒井才介様

〈要約〉

○ 10~12月期の実質GDPは前期比+1.2%(年率+5.0%)を予測。感染第5波の収束や行動制限の緩和を受けて、対人接触型サービスを中心に個人消費が大幅に回復したことが主因

○ 昨夏の東南アジアからの部品供給減がほぼ解消し、自動車生産が回復したことも押し上げ要因に。個人消費・輸出・設備投資がいずれも増加し、高成長になる見通し

○ 1~3月期はオミクロン株のまん延を受け、自粛の動きが広がることで個人消費が約2兆円下振れ、ほぼゼロ成長になると予想。4~6月期以降はGoToトラベルの再開等を受けて回復に向かう見通し

みずほリサーチ&テクノロジーズ株式会社様のホームページでレポートをご覧いただけます。

https://www.mizuho-ir.co.jp/publication/report/2022/pdf/qe-summary220131.pdf

1ヶ月間無料トライアル