お知らせ

2019-12-25

キャッシュレスデータを活用した「JCB消費NOW」の機能を拡充 ~業種拡大・新指数追加で、より詳細な消費動向データを提供~


株式会社 Finatextホールディングス(代表取締役CEO:林 良太)の子会社で、ビッグデータの解析・分析を行う株式会社ナウキャスト(代表取締役社長:辻中 仁士、以下:ナウキャスト)、及び株式会社ジェーシービー(代表取締役兼執行役員社長:浜川 一郎、以下:JCB)は、2019年12月25日(水)、クレジットカード会員の決済情報や属性などのデータを活用した消費統計「JCB消費NOW」をリニューアルしサービスを拡充します。

 

 

ありとあらゆるデータが各企業に収集・蓄積されるようになった昨今。データは個人の生活の質の向上や社会課題の解決に必要なものとなり、幅広い分野で役立てられています。データを分析・活用したサービスが次々と生まれる中、ナウキャストとJCBは、2017年5月から、日本の消費活動の“今”を知ることができる「JCB消費NOW」を提供してきました。キャッシュレスデータ(※)を統計化し、消費指数として公開することで、現在、国や地域行政機関をはじめ、企業のマーケティング部門、証券会社・投資銀行等の金融機関、経営コンサルティング会社、報道機関等、多岐にわたるお客様にご活用いただいております。

今回は、「より多くの業種別指数を見たい」「消費変動の要因分析をしたい」といった要望を頂き、より詳細に消費動向が把握できるようサービスを拡充しました。

①提供データの追加(5種類→39種類)②クレジットカード消費指数の追加③寄与度指標の追加

詳細は以下をご覧ください。「JCB消費NOW」はこれからもお客様に満足いただける品質を目指し、サービスを向上していきます。

※JCBグループが発行するクレジットカード会員の属性や決済情報等に関するデータ

 

<JCB消費NOW 1か月間無料トライアルはコチラ>https://www.jcbconsumptionnow.com/

 

■データのご紹介(一部)

リニューアルした「JCB消費NOW」では、通信、交通、娯楽、コンテンツ配信…といったマクロな消費から、ホテル、居酒屋、遊園地、映画館、ゴルフ場…などミクロな消費動向が把握できる指標や、各市場の拡大・縮小度合いを推定するデータなどが常時閲覧できます。

(提供データ例:ゴルフ場)

 

 

■「JCB消費NOW」リニューアル詳細

①提供データの追加(5種類→39種類)

従来の総合消費指標に加え、小売業や外食業等の業種単位で消費指数を推計したマクロ分類の業種別指数を18種類、スーパーやコンビニエンスストア等の業種単位で消費指数を推計したミクロ分類の業種別指数 を21種類追加いたします。これによって、より多くの業種について消費動向の分析が可能になります。

 

②クレジットカード消費指数の追加

クレジットカード消費全体の消費動向を推計した消費指数の提供を開始します。決済手段の多様化・キャッシュレス化とともに高まる、決済手段毎の消費変遷が把握できます。

※お客様の個人属性や決済情報を、個人情報保護法で定められた手法で匿名加工を施したうえで消費指数を作成することで、カード会員の皆様の個人情報・プライバシーを保護します。

③寄与度指標の追加

総合消費指数における、業種別の寄与度および消費者属性別(年代、地域、性別)の寄与度を表す指標の提供を開始します。これにより、消費全体の変動要因を業種別・消費者属性別に分析することが可能になります。

-------------------------------------------

【お問い合わせ先】

株式会社ナウキャスト

広報担当:古川 村上/TEL: 03-6272-5550  FAX:03-6261-1212 MAIL: info@nowcast.co.jp

〒102-0073 東京都千代田区九段北3-2-11 住友不動産九段北ビル4階

1ヶ月間無料トライアル